話題のアンチエイジングが期待できる幹細胞培養液ってなに?

年齢を重ねるごとに増えてくるシミやくすみ、たるみ、小じわなど、年齢によるさまざまな悩みは増えていく一方です。

 

このような悩みをかかえている人たちのなかで、アンチエイジングに対して効果が期待できるプラセンタともに注目されている、「幹細胞培養液」が話題になっているのを知っていますか?

 

美しい肌に欠かすことができな成分は、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、セラミドなどですが、この成分を作り出すために必要なのが「線維芽細胞」です。

 

この線維芽細胞は幹細胞によって作られており、年齢とともに減少していきます。

 

その前にそもそも、幹細胞とは何?という人もいるのではないでしょうか?

幹細胞とは?

細胞には神経や筋肉などそれぞれに決まった役割があるのですが、幹細胞は決まった役割を持つことなく、色々な細胞になることができる細胞のことをいいます。

 

医療分野などではこの幹細胞の力によって、病気や損傷した臓器などの組織を修復することができるようになるための研究がされています。

 

幹細胞培養液とプラセンタの違いって何?

幹細胞が増殖するためには、細胞分裂や細胞が増殖するための指令を出す「成長因子」「増殖因子」などのグロスファクターが必要になります。

 

ヒト幹細胞培養液やプラセンタには、成長因子、コラーゲン、ヒアルロン酸などが豊富に含まれているので、シミやしわ、肌の潤いなどのたくさんの美容効果が期待できます。

 

この2つの「成長因子」「ヒト幹細胞培養液」を見比べてみると、どちらも似た成分を含んでいるのでいることがわかります。

 

幹細胞培養液とは?

幹細胞培養液とは、ヒトの幹細胞を抽出してその細胞を増殖させるときに、使用した培養液からタンパク質の1つであるペプチドが分泌された培養液のことをいいます。

 

これまでは幹細胞の研究をするなかでいらないものとして破棄されていたこの培養液の中に、成長因子やコラーゲンが豊富に含まれていることが分かり、幹細胞コスメが注目されるようになってきました。

 

多くの有効成分が含まれている幹細胞培養液は、ターンオーバーを促進させたりなど、肌トラブルの解消が期待できます。

 

プラセンタとは?

市販の化粧品やサプリメントなどに使用できるのは、馬・豚・羊由来のプラセンタで、ヒト由来のプラセンタは医療機関でしか使用することができません。

 

プラセンタには、細胞分裂を促進することができる成長因子が含まれており、美容効果はもちろんのこと、アンチエイジングだけではなく、医療機関では肝機能障害、更年期障害、乳汁分泌不全の治療などにも使用されています。

 

プラセンタの場合、摂取することによって豊富な栄養素や成長因子の働きにより、美容に対してだけではなく身体の内側から健康に対してもさまざまな効果が期待できます。

 

プラセンタ ヒト幹細胞培養液

EGF(上皮細胞成長因子)

ターンオーバーを正常にして、肌のシミやくすみ、しわ、たるみ、肌のハリや潤いなどを改善する

EGF(上皮細胞成長因子)

ターンオーバーを正常にして、肌のシミやくすみ、しわ、たるみ、肌のハリや潤いなどを改善する

FGF(線維芽細胞成長因子)

コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンを増やす
活性酸素を除去するSODを増やす

FGF(線維芽細胞成長因子)

コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンを増やす
活性酸素を除去するSODを増やす

HGF(肝細胞増殖因子)

肝細胞を活性化させて細胞の増殖・修復・再生をして肝機能を改善する

HGF(肝細胞増殖因子)

肝細胞を活性化させて細胞の増殖・修復・再生をして肝機能を改善する

TGF(トランスフォーミング成長因子)
ヒトオリゴペプチド-14

コラーゲンやエラスチンを生成するのに必要な因子
コラーゲンやエラスチンの構造を強化する
炎症効果もあり、敏感肌の改善にも

TGF(トランスフォーミング成長因子)
ヒトオリゴペプチド-14

コラーゲンやエラスチンを生成するのに必要な因子
コラーゲンやエラスチンの構造を強化する
炎症効果もあり、敏感肌の改善にも

IGF(インスリン様増殖因子)
ヒトオリゴペプチド-21

壊れた細胞の再生を助け、新しい皮膚の細胞を生み出す

IGF(インスリン様増殖因子)
ヒトオリゴペプチド-21

壊れた細胞の再生を助け、新しい皮膚の細胞を生み出す

PDGF(血小板由来成長因子)

血液が凝固して血小板が壊れたときに分泌される因子
細胞を増やして組織を修復する

PDGF(血小板由来成長因子)

血液が凝固して血小板が壊れたときに分泌される因子
細胞を増やして組織を修復する

CSF(コロニー形成刺激因子)

免疫細胞、白血球の1種であるマクロファージを増やす

FGF7(KGF)

毛母の働きを促して、発毛、育毛効果

IL-1(インターロイキン1)

免疫細胞(T細胞・B細胞・NK細胞)、胸腺細胞の増殖

IL-2(インターロイキン2)

ヘルパーT細胞、キラーT細胞、サプレッサーT細胞の増殖を促す

IL-3(インターロイキン3)

造血幹細胞、肥満細胞の増殖を促す

IL-4(インターロイキン4)

B細胞の増殖、抗体生産細胞の分化を促す

 

このように、成長因子の数でいくとプラセンタの方が多いのですが、2つとも似た成分が含まれています。

 

美容に対してだけでいけば、成長因子を持っている幹細胞培養液でも十分な効果が期待できますが、年齢とともに起こるさまざまな体の老化現象などを改善するには、やはりプラセンタを摂取する方が体の内側からの改善が期待できるようです。

関連ページ

美容効果が期待できるサプリは馬プラセンタがおすすめ
年齢とともにお肌の細胞の代謝が悪くなると、しみやくすみなどが目立ち始めてしまう肌に馬プラセンタが美白や美肌にどのような効果が期待できるのかを紹介します。
馬プラセンタ効果は大人のニキビケアにおすすめ
大人になってからできるニキビを大人ニキビといい、思春期のときのニキビとは違って跡が残りやすくなります。ニキビケアにおすすめの馬プラセンタの有効成分は大人にニキビにどのように作用するのかを紹介します。
シミやくすみは馬プラセンタ効果で消すことはできる?
若いころの油断が年齢を重ねていくごとに影響が出てくるシミやそばかすに対しての馬プラセンタの効果を紹介します
乾燥肌は馬プラセンタで潤いを改善することができる?
年齢とともに失われていく肌の潤いは、見た目にも影響してしまいます。馬プラセンタを摂取することによって肌にどのような効果が期待できるのかを詳しく説明します。
肌にいいコラーゲンを補うサプリなら馬プラセンタ!
美容や健康の悩みにプラセンタはどんな効果があるのかまとめてみました。
馬プラセンタの効果でダイエットができるって本当?
馬プラセンタがどうしてダイエットに効果があると言われているのかを紹介します。