肌にいいコラーゲンとはどんな成分なの?

肌にいい成分はたくさんありますが、そのなかの1つに「コラーゲン」は必ず出てくる成分ではないでしょうか。

 

コラーゲンと聞くと、化粧品やサプリメントなどに使用されていたりなど、コラーゲンがたっぷり入っていると聞くと、なんとなくお肌がぷるぷるになるかな?というイメージがありますよね。

 

年齢を重ねていくとともに、毎日のスキンケアはきちんとしているはずなのに、肌の乾燥による小じわなどが目立ちはじめ、化粧ノリが悪かったりなど肌トラブルに悩まされる女性が増えてきます。

 

このような肌トラブルに悩んでいるという人におすすめしたいのが、毎日のスキンケアだけではなく、身体の内側から肌の潤い成分を摂るということです。

コラーゲンはどんな役割をしているの?

体内のあらゆる組織に存在しているコラーゲンは繊維状のタンパク質の1種で、人間の体を作っている約60兆個の細胞と細胞の間にある重要な成分です。

 

コラーゲンの役割は、細胞を支えたり、細胞と細胞を繋げて組織を作ったり、外との境界線を作ったりなど外から細胞を守り、皮膚、骨、軟骨、血管、内臓などに多く存在して、体を形作っています。

 

人間の体の体重比は、約60%が水分、約20%がタンパク質、約15%が脂肪、約5%がカルシウムなどの無機質となっており、コラーゲンはこの約20%のタンパク質の約30%を占めています。

この中の約20%のタンパク質の約30%がコラーゲンで占められており、皮膚に約40%、骨・軟骨に約10〜20%、血管や内臓などにもコラーゲンが存在しています。

 

コラーゲンが減少すると肌の弾力がなくなる?

肌の構造は、表面から「表皮」「真皮」「皮下組織」に分かれており、肌の弾力を生むために重要なのが真皮です。

 

真皮の部分はそのほとんどをコラーゲンで占めており、そしてその間を保水力を持ったヒアルロン酸が満たしており、ここにコラーゲンを結びつける繊維状のタンパク質、エラスチンが加わることで肌の弾力を保ちます。

 

 

そして、この潤い成分「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」を生成する細胞を線維芽細胞といいます。

 

体を形成するために重要な成分であるコラーゲンは、25歳をピークにして年齢を重ねていくごとに減少していき、40歳では25歳のときの約半数にまでなってしまい、60歳では約3分の1にまで減少してしまいます。

 

年齢を重ねるごとに、「肌がたるんできた」「肌がカサつく」「肌の弾力がなくなってきた」と感じることが増えてくるのは、コラーゲンなどの潤い成分が減少してしまい、肌を支えることができなくなってきているからなのです。

 

コラーゲンを減らさないために馬プラセンタでアミノ酸を摂取!

できることならば年齢を重ねることによるコラーゲンの減少を防ぎたい!とは思うものの、人間である以上老化現象によるコラーゲンなどの潤い成分の減少を避けることは残念ながらできません。

 

ならば、コラーゲンのサプリメントなどで他から補えばいいのでは?と思うのですが、実はコラーゲンなどの潤い成分はアミノ酸で構成されているため、摂取したとしても体内では一度アミノ酸に分解されてから吸収されます。

 

コラーゲンもそれぞれのアミノ酸の組み合わせによってできているため、コラーゲンを摂取してから一度分解されるよりも、アミノ酸を摂取した方がそのまま肌を支える役割を持ったコラーゲンなどに構成されるのです。

 

人間の身体を作るためのタンパク質は、タンパク質を構成する20種類のアミノ酸からできており、体内のアミノ酸を合成することによって足りないものを補うことができる「11種類の非必須アミノ酸」、外からの食べ物などからしか補うことができない「9種類の必須アミノ酸」からできてきます。

 

そして、ここでおすすめしたいのが馬プラセンタです。

どうして馬プラセンタがいいの?

馬の胎盤から抽出されたプラセンタエキスには豊富な栄養成分が含まれており、そのなかには、6種類の必須アミノ酸(イソロイシン・リジン・メチオニン・フェニルアラニン・トレオニン・ロイシン)が含まれています。

 

そして、馬プラセンタの抽出方法は酵素分解法が多く、製造される過程でペプチドからアミノ酸単体へと分解されているため、体内への吸収率が高くなっているため、食品からアミノ酸を摂るよりも吸収しやすいのです。

 

また、馬プラセンタサプリに利用されている馬の胎盤は、国内も外国のものでも飼育管理がきちんとされているサラブレッドの胎盤が原料になっていることが多く、高純度・高品質・安全性が高いということからも信頼度が高いので人気があります。

 

プラセンタの有効成分のほとんどがアミノ酸からできているタンパク質です。

 

そのため、タンパク質の量が多く100%に近いほど有効成分も多く、品質の高いプラセンタになります。

 

タンパク質量が多いと言っても、馬プラセンタの抽出方法やプラセンタ原末の純度などによっても大きく品質が変わってくるため、馬プラセンタ摂取するときには品質の高いものを選びましょう。

関連ページ

美容効果が期待できるサプリは馬プラセンタがおすすめ
年齢とともにお肌の細胞の代謝が悪くなると、しみやくすみなどが目立ち始めてしまう肌に馬プラセンタが美白や美肌にどのような効果が期待できるのかを紹介します。
馬プラセンタ効果は大人のニキビケアにおすすめ
大人になってからできるニキビを大人ニキビといい、思春期のときのニキビとは違って跡が残りやすくなります。ニキビケアにおすすめの馬プラセンタの有効成分は大人にニキビにどのように作用するのかを紹介します。
シミやくすみは馬プラセンタ効果で消すことはできる?
若いころの油断が年齢を重ねていくごとに影響が出てくるシミやそばかすに対しての馬プラセンタの効果を紹介します
乾燥肌は馬プラセンタで潤いを改善することができる?
年齢とともに失われていく肌の潤いは、見た目にも影響してしまいます。馬プラセンタを摂取することによって肌にどのような効果が期待できるのかを詳しく説明します。
馬プラセンタの効果でダイエットができるって本当?
馬プラセンタがどうしてダイエットに効果があると言われているのかを紹介します。
プラセンタと幹細胞培養液、美容にいいのはどっち?
最近、メディアでもよく取り上げられるようになってきた幹細胞培養液は、アンチエイジングに効果が期待できると言われているプラセンタとどう違うのかを紹介します。