プラセンタから抽出される主な成分とは?

母体と胎盤をつないでいる重要な役割をしている哺乳動物の胎盤には、生命を維持するために必要な豊富な栄養素が含まれており、「栄養素の宝庫」と言われているのを知っていますか?

 

そして、その胎盤から有効成分を抽出したものがプラセンタエキスです。

 

プラセンタエキスには命の源であるアミノ酸や、身体の働きを活性化させる栄養成分や成長因子が含まれています。

 

プラセンタの主な成分

 

 

 

●脂質・脂肪酸 … 効率的な高エネルギーで身体を動かす
(コレステロール・ホスファチジン酸・ホスファーチジールエタノールアミン・ラウリン酸・パルミチン酸など)

 

●ビタミン … 代謝をスムーズにして体の調子を整える
(ビタミンB1・B2・B6・B12・C・D・E・ナイアシンなど)

 

●たんぱく質 … 人の体を作る原料で、20種類のアミノ酸から作られる
(アルブミン・グロブリンなど)

 

●糖質 … 最小単位の「ブドウ糖」が脳や神経系のエネルギー源になる
(ショ糖・グルコース・ガラクトースなど)

 

●ミネラル … 骨・筋肉・神経の働き、血液や体液を調整する
(カリウム・ナトリウム・カルシウム・リン・マグネシウム・亜鉛・鉄など)

 

●核酸 … 細胞の遺伝子の修復や新陳代謝の調節をする
(DNA(デオキシリボ核酸)・RNA(リボ核酸)など)

 

●アミノ酸 … 人の身体を作っているたんぱく質のもとになる成分
(ロイシン・リジン・バリン・イソロイシン・グリシン・スレオニン・アルギニン・アラニンなど)

 

●酵素 … 消化・吸収・代謝・排出などの生命活動に関わるたんぱく質
(アルカリホスファターゼ・酸性ホスファターゼ・ヒアルロニターゼ・アデノシン三リン酸など)

 

●ムコ多糖体 … 細胞と細胞をつなぐための体液を保つための成分
(コンドロイチン硫酸・ヒアルロン酸など)

 

●活性ペプチド … 体のさまざまなところで形を変えて、血圧・免疫力の調整などをして体のバランスを保つ
(薬理活性中心の活性ペプチドが数多く認められている)

 

●成長因子 … 特定の細胞増殖や分裂を促して、新陳代謝をアップさせる
(EGF(上皮細胞成長因子)・FGF(線維芽細胞成長因子)・IGF(インスリン様成長因子)・TGF(トランスフォーミング成長因子)・HGF(肝細胞増殖因子)・CSF(コロニー形成刺激因子) など)

 

プラセンタの豊富な栄養素の働きとは?

人間の体の7割は水分で出来ていて、その次に多いのがたんぱく質で人間の体の2割を占めています。

 

アミノ酸を原料にしているたんぱく質は、20種類のアミノ酸が様々な組み合わせによって分解され、筋肉・血液・皮膚・髪・消化器官や内臓・体の細胞やホルモン・酵素などの人の体を構成しています。

 

そして、美容の面での働きが大きく生命を維持していくためにとても重要な栄養素であるアミノ酸が、プラセンタには10種類以上含まれています。

 

このアミノ酸の中には、私たちの体のなかで作り出すことがでない、外部からしか摂取できない必須アミノ酸を含んでいます。

 

細胞の原料となるアミノ酸は、食べ物から得られるものよりも、プラセンタに含まれているアミノ酸の方が吸収率がいいため、健康で若々しい肌への効果が期待できます。

 

プラセンタに含まれている栄養素の絶妙なバランスは人工的には作ることが難しく、細胞を若返らせる働きを持つ成長因子(細胞増殖因子)は、他の美容成分にはなくプラセンタにしか含まれていません

 

プラセンタは摂取することによって、美容や健康のさまざまな症状の改善に効果が期待されているのです。