プラセンタの薬理作用ってなに?

プラセンタは、美容や健康のさまざまな症状の改善に期待できる効果がたくさんあり、プラセンタの場合、摂取することにより20の薬理作用があるとされています。

 

薬理作用とはその薬の持っている成分が体内で様々な変化を起こすことをいいます。

 

例えば、頭痛のための薬であれば飲むことによって痛みを抑えるために使用され、頭痛を和らげるという体の生理的な変化が起こります。
この変化を薬理作用といいます。

 

 

 

プラセンタが持っている豊富な栄養素と、細胞を若返らせる成長因子、多くの薬理作用のそれぞれの効果が合わさることによって、たくさんの美容や健康に対しての効果が期待できるのです!


基礎代謝向上作用

体を動かしていないときにでも、呼吸や心臓を動かしたりする動作で消費されるエネルギーのことで、基礎代謝を上げることでダイエット・疲労回復・むくみ・肩こり・月経不順などの改善をする働きがあります

 

血行促進作用

血行が悪いと体に必要な物質を血液が必要な箇所に届けることができず、老廃物をうまく排出することができなくなるのを、血行をよくすることでうまく体内の必要な個所に届けるようにする働きがあります

 

造血作用

造血幹細胞の細胞分裂を促すことで、赤血球、白血球、血小板などの血液細胞を作ることで造血し、貧血などの改善をする働きがあります

 

細胞活性化作用

成長因子の働きで、細胞分裂や新しい細胞を生み出したり傷ついた細胞の修復など、細胞を若返らせ健康な体の維持と再生をする働きがあります

 

疲労回復作用

肉体的や精神的な疲労に対して、細胞を元気にするアミノ酸やプラセンタに含まれる栄養成分、精神を安定させるなどの様々な面から疲労回復をする働きがあります

 

血圧調整作用

様々な症状を引き起こしてしまう高血圧や低血圧を、血圧を調整する作用によって正常値にする働きがあります。

 

自律神経調整作用

自律神経失調症やうつ病、生理不順などのさまざまな症状の原因である自律神経のバランスの乱れを調整して、症状を和らげる働きがあります

 

呼吸促進作用

人間の生命活動を行うのに必要なエネルギーを作るのに、呼吸によって酸素を取り入れて体の組織や働きを活性化させます

 

ホルモン調整作用

さまざまな原因で崩れてしまったホルモンバランスを調整して、足りなくなってしまった女性ホルモンの分泌などを調整して安定させる働きがあります

 

免疫強化作用

体の外部から体内に侵入してくる細菌やウィルスなどから身体を守るため、免疫力を強化し外敵に抵抗して、身体を守る力を高める働きがあります

 

活性酸素除去作用

体をサビつかせて老化や病気の原因となる、増えすぎてしまった活性酸素を除去することで、体のサビつきによる老化や病気を予防する働きがあります

 

抗突然変異作用

DNAの異常など突然変異が起こってしまった細胞が生き残ってしまうと癌細胞になってしまうため、細胞が正常な細胞分裂をするように促して、突然変異を抑制する働きがあります

 

創傷回復促進作用

皮膚などの傷に対し肌組織の再生を促し、血液を固まらせたり、傷に入ってしまった雑菌を殺菌するために白血球や血小板などの血液成分を作る働きがあります

 

抗炎症作用

体を守るための炎症が長引くことで起こってしまう症状を、炎症が長期化して症状を悪化させないようにする働きがあります

 

抗アレルギー作用

体の免疫反応が外部から侵入してきた異物に過剰に反応して起こってしまうアレルギーを、過剰な反応を抑えるように調整する働きがあります

 

体質改善作用

免疫力が上がって自然治癒力があがることで、アレルギー体質などのさまざまな体に起こっている症状を正常にしようとする働きがあります

 

強肝、解毒作用

プラセンタに含まれている肝細胞増殖因子が、幹細胞の死滅を防ぐことで肝臓の機能を正常に保つことができ、肝臓の持つ解毒作用を強化しサポートする働きがあります

 

妊婦の乳汁分泌促進作用

育児による疲れやストレスによって起こるホルモンバランスを調整して、女性ホルモンのバランスを整えることでエストロゲンの分泌を正常にしてくれることで、乳汁の分泌を促す働きがあります

 

食欲増進作用

プラセンタの効果によって体のさまざまな症状が正常になっていくと、身体が健康になることにより消費されるエネルギーが増加することで食欲が増進される働きがあります

 

精神安定作用

ホルモンバランスや自律神経のバランスの乱れによって起こる、体調不良やうつなどの症状を和らげて精神を安定させる働きがあります

※日本胎盤臨床医学会による「20の薬理作用」を参照

 

このように、肝機能障害や更年期障害など、医療機関で受けられるプラセンタ療法などにも利用されているプラセンタは、20もの薬理作用があることが確認されています。

 

プラセンタが持っている豊富な栄養素と、プラセンタにしか含まれていない成長因子、多くの薬理作用のそれぞれの効果が合わさることによって、たくさんの美容や健康に対しての効果が期待できるのです。