摂取する前に知っておきたいプラセンタの安全性

プラセンタは人・豚・馬・羊の胎盤から有効成分を抽出したプラセンタエキスのことで、プラセンタを摂取するには「注射」「サプリメント」「コスメ」の3つの方法があります。

 

プラセンタを摂取するときにまず悩むのが、この3つのうちのどの方法にしようか、どの種類のプラセンタエキスにするべきか、体に副作用はないのか、安全性は大丈夫なのかということではないでしょうか。

 

美容や健康に対してのさまざまな症状の改善に、アンチエイジングの効果が高いプラセンタ効果が人気なのですが、摂取を続けていくことを考えるとやはり気になることはたくさんあります。

 

まずは、プラセンタに利用される、「人」「豚」「馬」「羊」のそれぞれの安全性を見てみましょう。

 

人由来の「ヒトプラセンタ」の安全性

ヒトプラセンタは、薬剤メーカーが日本の産婦人科と契約して、その産婦人科から提供された正常分娩で出産した日本人の胎盤から抽出されたものです。

 

ヒトプラセンタは薬事法により医薬品として厚生労働省が認可されており、製薬メーカーの厳重な管理のもとで生産しているため安全性が高く、ヒトプラセンタの錠剤や「ラエンネック」・「メルスモン」の2種類の皮下注射は、医療機関でのみ摂取することができます。

 

同じ人の胎盤から抽出されたものなので、プラセンタの効果が他の哺乳動物よりもなじみやすく、年齢による肌トラブルや更年期障害などのさまざまな症状の改善に効果が期待できます。

 

しかし、B型・C型肝炎やバクテリア、エイズなどの病原体がある可能性も否定できないため、注射を打った人は今後献血ができなくなります。

 

豚由来の「豚プラセンタ」の安全性

豚は妊娠期間が短く年に2回出産することができ、1回の出産で10頭前後の赤ちゃんを産むため、他のプラセンタよりも大量生産がしやすいので、お手頃な価格で摂取することができ、成長因子やアミノ酸・タンパク質・核酸などの有効成分もバランスよく含まれています

 

しかし、病気にかかりやすい豚は、予防接種などのワクチンや薬剤が含まれいるエサなど投与されていることが多いので、その胎盤から有効成分を抽出するときに不純物が混ざってしまうため、それを取り除くときに多くの有効成分まで取り除かれてしまいます。

 

そのため、豚プラセンタを選ぶときには、日本SPF協会が認定している、飼育環境や衛生管理がちきんとされた、特定の病原体や寄生虫がいないSPF豚の胎盤から抽出された豚プラセンタが安全性が高くおすすめです。

 

馬由来の「馬プラセンタ」の安全性

馬プラセンタ利用される馬の胎盤は、血統や飼育されている環境が管理されているサラブレッドのものが多いので安全性が高く、放牧されているためストレスもないため、品質のよいプラセンタエキスが抽出されます。

 

妊娠期間が11ヶ月と長い馬の胎盤は厚みがあって有効成分もたくさん残っており、豚には含まれていないアミノ酸もあり、アミノ酸量も豚の約1.2倍多く含まれています。

 

馬の体温は豚よりも高いので、寄生虫なのどの心配が少なく病気にかかりにくいので、ワクチンの投与などもほとんどありません。

 

そのため、馬の胎盤には不純物が混ざることがないので純度が高く、品質のよい、安全性の高いプラセンタの効果を実感できます。

 

羊由来の「羊プラセンタ」の安全性

羊プラセンタは海外ではとても人気があり、羊の持っているアミノ酸の組織と人が持っているアミノ酸の組織が似ていて身体に馴染みやすいので、プラセンタの効果が感じやすいと言われています。

 

羊も病気にかかりにくいので不純物が混ざることがほとんどないので、品質がよいプラセンタエキスが抽出されます。

 

しかし、羊は狂牛病に似たスクレイピーという伝染病があり、羊の胎盤を利用することは日本政府が制限をかけているため、品質もいいのですが国内での流通がありません。

 

そのため、国内で羊プラセンタを摂取するには輸入でしか購入することができません。

 

プラセンタに副作用はあるの?

ヒトプラセンタの副作用に関しては医薬品としての扱いなので、他の薬と同じように副作用のリスクは少ないけれど、可能性はあるということです。

 

もともとアレルギー体質の人は、プラセンタにたくさん含まれているタンパク質やアミノ酸など、食物アレルギーと同じでこれらの成分に反応してしまうことがあるかもしれません。

 

アレルギー体質の人は、プラセンタの原材料や含まれている成分が表示されているものを病院に持って行き、医師と相談して摂取するようにしてください。

 

また、プラセンタを摂取することによっておこる好転反応というものがあり、身体の内側からさまざまな機能が正常化されていく過程で、生理の時期が早まったり、出血量が多くなったりすることがあります。

 

眠くてしかたないという人もいますが、これも今まで正常に働いていなかった自律神経が正常に働きはじめることによって起こるので、プラセンタを飲み続けていくうちに自然とこれらの好転反応はなくなっていきます。

 

ヒトプラセンタの錠剤やプラセンタ注射、プラセンタサプリメントを摂取しても、今現在、重大な副作用は報告されていません。

 

 

 

プラセンタはアンチエイジングなど美容や健康に対しての効果はとても素晴らしく、副作用の可能性はほとんどありませんが、もしかしたら…ということがあります。

 

プラセンタを摂取していて生理不順や体調変化がずっと続いていたり、アレルギー反応が出てしまった場合、早めに病院へ行き医師に相談することをおすすめします。