不眠症の原因とその種類とは?

不眠の原因はこころの病気や加齢によるものなどさまざまですが、睡眠を十分にとることができないと、集中力の低下、自律神経のバランスが乱れ精神的に不安定になったりなど、睡眠は人間にとってとても重要なものです。

 

眠れないということで悩んでいるという人は以外と多く、十分に眠れていないと感じて毎日の生活や身体に何らかの支障が出ていたりする、「不眠症」という人はめずらしくありません。

 

年齢を重ねていくごとに体にさまざまな不調が出てきますが、一般的に男女ともによく聞くことがある症状に「不眠症」があり、睡眠導入剤や睡眠薬を常用しているという人は多くいます。

 

不眠症には4つのタイプがあり、不眠症の人はこのなかのいくつかが合わさって症状がでることも少なくありません。

 

@入眠障害
健康な一般的な人の場合、ベッドに入って電気を消してから眠るまで30分以内と言われており、日本睡眠学会の不眠症の定義によると、普段よりも2時間以上かかることを入眠障害といいます。

 

入眠障害になるとベッドに入ってもからなかなか眠れず、気がつくと1時間近く経ってしまったりなど寝つきが悪く、またその時間が苦痛に感じてしまい余計に眠れなくなってしまうことがあります。

 

A中途覚醒
季節などによる暑さや寒さ、騒音などによって眠っているときに何度も目が覚めてしまうことはありますが、それが一時的なものであれば問題はありません。

 

以前は朝まで目が覚めずに眠れていたのに、夜中に目が覚めてしまいやすく2回以上目が覚めてしまうことを中途覚醒といいます。

 

B早朝覚醒
自分が起きる予定である時間よりも2時間以上早く目が覚めてしまい、早朝に目が覚めるためもっと眠りたいと思っても、疲れが全然取れないのにまた眠るということができません。

 

典型的なうつ病では早朝覚醒になるという人が多くみられます。

 

C熟眠障害
しっかりと眠って睡眠時間は十分にとれているはずなのに、疲れが取れていなかったり、深く眠った気がしないと感じます。

 

睡眠には「眠る時間」と「眠りの質」があり、眠る時間がいくら長くても眠りの質が悪ければ疲れがとれず、逆に眠る時間が短くても眠りの質がよければ疲れは回復します。

 

更年期の不眠症はどうしてなってしまうの?

40代後半から50代前半の更年期には、卵巣機能の低下から女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌量が、急激な減少をすることによって体にさまざまな症状がでてきます。

 

更年期障害の症状は個人差があるため、体調不良をほとんど感じないという人もいれば、日常生活も大変なほど症状が重くつらいという人もいます。

 

不眠症もこの更年期障害の症状のうちの1つで、女性ホルモンの分泌量の急激な減少によって、自律神経が乱れてしまうことで、体内時計がきちんと働かなくなり睡眠のリズムが乱れやすくなります。

 

また、ほてりや発汗などの血管運動神経症状が眠っているときに起こってしまうことで、夜中に汗をかいて目が覚めたり、体の変調や家庭や仕事環境の変化によるストレスによって、精神症状が不安定になることによって睡眠が妨げられるからとも言われています。

 

馬プラセンタ効果は睡眠の質がよくなるって本当?

美容などの目的でよく聞くことがあるプラセンタの効果が、睡眠の質をよくすることが期待できるというのを知っていますか?

 

安全性や品質が高いと言われている馬の胎盤から抽出されたプラセンタエキスには、豊富な栄養素、細胞の活性化を促す成長因子、20の薬理作用の相互効果によって、体の機能を整えることが期待できます。

 

たくさんの馬プラセンタの効果のなかで、睡眠と関係してくるのが「自律神経調整作用」「内分泌調整作用」です。

 

■自律神経調整作用
睡眠障害がある人の自律神経のバランスは乱れていることが多く、本来ならば夜眠るときに働く副交感神経が働いていなければいけませんが、日中動いているときに働く交感神経が優位になっています。

 

プラセンタの自律神経調整作用によって、乱れてしまっている自律神経のバランスを正常に戻してくれることで、眠る時には副交感神経がしっかりと働いてくれることで体がリラックスして夜に眠りやすくなることが期待できます。

■内分泌調整作用
セロトニンと呼ばれるホルモンは睡眠に深く関わっており、セロトニンがきちんと分泌されていることによって質のいい睡眠をとることができます。

 

しかし、睡眠障害がある人の場合はホルモンバランが乱れているため、セロトニンがきちんと分泌されていないため質のいい睡眠がとれません。

 

プラセンタの内分泌調整作用は、体に必要なホルモンの分泌を促してくれるため、睡眠に必要なセロトニンがしっかりと分泌され、自律神経を正常に働かせるもとになるホルモンも働くため、睡眠の質がよくなることが期待できます。

 

馬プラセンタの効果と日常生活の改善で不眠症を緩和

慢性的に不眠に悩んでいると、「自分の思っている時間眠らなければ体によくない」「寝つきが悪いからこそ早く終始なければ」「若い頃と同じように眠らなければいけない」などといった思い込みがあったりすることがあります。

 

睡眠は人間にとってとても大切なものですが、適正な睡眠時間などは年齢によっても変わってきたりするため個人差があります。

 

年齢を重ねていくとともに睡眠の時間が短くなるのも、乳幼児と比較すると高齢者は体重当たりのエネルギーの消費量が3分の1にまで減少してしまうため、睡眠時間が短くてもよくなってくるのです。

 

現在では不眠症を解消するためにドラッグストアでは睡眠導入剤を購入することができ、医療機関では睡眠薬などが処方されます。

 

しかし、薬ではなくまずは、適度な運動や食生活、サプリメントを取り入れてみるなどすることで、エネルギー消費が増えて睡眠時間は短くても質のいい睡眠を得ることへつながっていくのではないでしょうか。

関連ページ

体の疲れは馬プラセンタの効果で回復できる?
毎日の体の疲れが休んでもなかなか取れない場合に、馬プラセンタの効果がどのように疲労を回復させてくれるのかを紹介します。
馬プラセンタの効果は自律神経のバランスを整えてくれる?
自律神経である交感神経と副交感神経のバランスは乱れてしまうことでどのようになってしまうかを紹介します。
更年期障害におすすめのサプリは馬プラセンタサプリ!
閉経をはさんだ前後10年の更年期に起こるさまざまな体の不調に、馬プラセンタの効果がどのように期待できるのかを紹介します。
更年期障害の症状、耳鳴りは馬プラセンタで改善できる?
年齢とともに起こる耳鳴りは更年期障害の症状が出てくるととともに起こってしまうのはなぜか、また馬プラセンタを摂取することによって症状を改善できるのかを紹介します。