医療機関でしか摂取できないプラセンタ注射とは?

更年期障害、肝機能障害、乳汁分泌不全の治療として医療機関で保険適応で摂取することができ、医療用として使用されるプラセンタ注射は、厚生労働省で医薬品として認可されている、「メルスモン」と「ラエンネック」の2つが使用されています。

 

しかし最近では、プラセンタ注射は医療機関での治療だけではなく、保険適用外で美容目的で使用されることも多くなってきました。

 

プラセンタ注射に使用されている注射薬に使用されているプラセンタの原料は、薬剤メーカーが契約している国内でのクリニックで、正常分娩された日本人の胎盤が使用されています。

 

医薬品メーカーでは、血液検査によって妊娠中のエイズやC型肝炎などの感染症などの病気がないことを確認してから高圧蒸気滅菌がされ、無菌試験、動物試験が行われており、
安全性はとても高いものとなっています。

 

プラセンタ注射を摂取することによってどんな効果が期待できる?

プラセンタ注射は医薬品としての扱いになるため、医療機関でしかプラセンタ注射を摂取することができません。

 

もともとは、更年期障害の緩和、肝機能の回復、乳汁分泌不全の改善のために使用されていましたが、プラセンタ注射を摂取するようになってからその患者さんの他の症状にまで効果を感じることがでるようになったため、現在では美容や健康を気にする人にも使用されています。

 

美容

・しみ、くすみ
・しわ
・肌の潤い
・美白
・肌荒れ

 

女性特有の悩み

・更年期障害
・乳汁分泌不全
・生理痛、生理不順
・冷え性

 

健康

・肝機能障害
・関節リウマチ
・アレルギー体質(アトピー、花粉症、喘息など)
・疲労
・肩こり

 

心因性の悩み

・自律神経失調症
・不眠症
・うつ病

 

プラセンタには(糖質・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラル・核酸・活性ペプチド・ムコ多糖体・酵素・アミノ酸・成長因子)などの豊富な栄養成分が含まれています。

 

その中でも、プラセンタにしか含まれていな成長因子は、細胞自体を活性化させて、細胞の増殖・修復・再生、新陳代謝を促す効果が期待できるため、若返りなどのアンチエイジングにも効果が期待できる成分として注目されている成分です。

 

また、プラセンタには20もの薬理作用があり、豊富な栄養素と成長因子が複合的に働くことによって、年齢によるさまざまな美容や健康に対しての悩みの改善に効果が期待できます。

 

プラセンタ注射の投与方法は1つではないの?

プラセンタ注射といってもその投与方法はいくつかあり、厚生労働省に医薬品として認可されているメルスモンとラエンネックの場合は、皮下注射と筋肉注射のみとされています。

 

医療機関によっては、静脈注射や点滴など直接血管内に投与する方法をとっているところがありますが、この投与方法は厚生労働省に認可されていません。

 

■皮下注射
血管が少ない皮下組織に投与する方法で、痛みが少なく、薬液が少しずつ血管に吸収されてくので効果の持続時間が長くなります。

 

■筋肉注射
皮膚の皮下組織の下にある筋肉層にはたくさんの血管があるので、薬液の吸収力がいいため即効性がありますが、効果の持続時間は皮下注射よりは短くなります。

 

■静脈注射(点滴)
薬液を直接血管に投与するため即効性がありますが、効果の持続力は短く体外に排出されてしまいます。
また、ショック症状を起こしてしまうなどの危険性があります。

 

プラセンタ注射の即効性とともに副作用や危険性にも注目してみよう

プラセンタ注射は、人の胎盤が原料となっているため、抽出された有効成分は体に馴染みやすく即効性があります。

 

また、ラエンネックやメルスモンの製薬会社の説明書にあるように、筋肉注射または皮下注射をするというのが安全であり効果が持続します。

 

しかし、細胞自体を若返らせることができ美肌やアンチエイジングができると言われ、プラセンタの効果が素早く実感できるということだけで、副作用や危険性を確認することなくプラセンタ注射を摂取することはやめた方がいいでしょう。

 

医薬品としているからこそ必ず副作用はあると考えて、プラセンタ注射がどのようなものかを知ることが必要です。

 

静脈注射(点滴)は危険

皮下注射や筋肉注射にも、もともとアレルギーを持っていてプラセンタにアレルギー反応を起こしてしまう人やプラセンタが体に合わない人など、副作用が出てしまう人もいます。

 

静脈注射や点滴は、血管に直接プラセンタ薬剤を投与するため、血圧の低下・ショック症状・呼吸困難・ホルモン異常などの症状が起こってしまったという事例もあり、危険性が高いため厚生労働省に認可されていません。

 

静脈注射や点滴などの投与方法でプラセンタ薬液を摂取した場合、重篤な副作用が起きてしまっても未認可のため、薬の副作用の保険がききません。

 

医師の個人的保証ということになるため、プラセンタ注射を摂取する際には、必ずその投与方法の確認や正しい知識がないままの使用はやめましょう。

 

献血ができなくなる

人の胎盤が原料となっているため抽出される有効成分には、B型・C型肝炎ウィルス、バクテリア、エイズウィルスなどの病原体や感染症などを持っているという可能性は100%ないとは言えません。

 

厚生労働省も、プラセンタ注射による感染の危険は否定できないため、1度でもプラセンタ注射を摂取した人の献血を禁止しています。

 

信頼できるクリニックであれば、国内での加熱処理はしっかりとされているプラセンタ薬剤を使用しているため、感染症が起こる確率はほとんどないと言えます。

 

しかし、なかには外国産のもので加熱処理や衛生面などの管理に不安があるものを使用しているクリニックがあるため、プラセンタ注射を使用するときには信頼できるクリニックで投与してもらいましょう。

 

注射に不安がある人はプラセンタサプリメントがおすすめです

プラセンタ注射は即効性があり、その効果をしっかりと感じることが期待できます。

 

しかし、プラセンタの効果を美容目的で使用したいと思っている人のなかには、プラセンタ注射に不安を感じている人もいるのではないでしょうか。

 

そのような人におすすめしたいのが、プラセンタサプリメントです。

 

プラセンタサプリメントには、馬・豚・羊由来のプラセンタエキスが使用されており、医薬品としてではなく健康食品として取り扱われているため、副作用の心配がほとんどありません。

 

また、プラセンタの効果は継続して摂取し続けることが効果を感じるためには必要なことなので、注射を定期的に打ち続けるのはなかなか難しいということもあり、最近ではプラセンタサプリメントの人気が高まっています。

 

通院することが難しい場合、プラセンタ注射と一緒にプラセンタサプリメントを取り入れてもいいかもしれません。

 

健康食品としてのプラセンタサプリメントのなかでも特に安全性を求めている人には、高品質・高純度・安全性が高い馬プラセンタサプリメントがおすすめです。

 

馬プラセンタサプリメントに使用されている馬はサラブレッドが多く、血統や飼育されている環境もきちんと管理されているので安心でき、原料となる胎盤はとても品質のよいものとなります。

 

プラセンタ注射とプラセンタサプリメントのどちらにしようか悩んでいる人は、まずプラセンタサプリメントを継続して摂取して試してみてから、プラセンタ注射を摂取してみてもいいのではないでしょうか。