馬プラセンタの有効成分は抽出方法で変わる

プラセンタの効果を最大限に実感したいと思うならば、プラセンタの有効成分の抽出方法を見逃すことはできません。

 

プラセンタは、胎盤を原材料としていますが、胎盤をそのまま乾燥しているわけではありません。

 

やはり、動物の臓器を利用しているので、そのままでは感染症や雑菌などの心配があるため、さまざまな方法で有効成分を抽出しています。

 

そして、この抽出方法によってプラセンタの品質が大きく変わってきてしまうのです。

 

では、どのような抽出方法があるのか詳しく見てみましょう。

 

酵素分解法

酵素を利用して余分な部分を分解し、必要な有効成分だけを壊さずに抽出する方法です。
熱によって栄養素を壊してしまうため、酵素の力で栄養素を抽出します。
この方法で抽出された有効成分は、高品質で純度が高いプラセンタエキスが抽出されます。

 

凍結融解法

急速に胎盤を凍結させて、解凍するときに細胞膜を破壊させてから有効成分を抽出する方法です。
簡単な抽出方法でコストもあまりかからないのですが、細胞膜を破壊するときに栄養素も失われてしまいます。
現在はこの抽出方法はあまり使われていません。

 

凍結酵素抽出方法

酵素分解法と凍結融解法の2つの方法を合わせた抽出する方法です。
凍結融解法の有効成分の抽出量が少なくなるのを、酵素を利用することで有効成分を壊さずに抽出します。
品質はいいのですが時間がかかりコストも高くなってしまいます。

 

加水分解法

胎盤の細胞膜を塩酸などの強い酸で分解して、有効成分を抽出する方法です。
酸で分解するため、有効成分も破壊されてしまうことがあり、高品質の有効成分が抽出しくくなります。
メーカーによっては酸などを加えず、独自の加水分解法で有効成分を抽出しているところもあります。

 

培養細胞法

不純物を特殊なフィルターで徹底的に除去して、非加熱で処理ができるので有効成分を破壊せず抽出する方法です。
プラセンタの細胞の一部を人工的に増殖させているので、不純物が混ざりにくいため純度の高い有効成分が抽出できます。
現段階での抽出技術のなかではトップクラスで世界特許を取得していますが、最先端の抽出方法なのでコストが高くなってしまいます。

 

分子分画法

狙った成分だけを破壊せず高濃度に抽出ができる特殊なフィルターで有効成分を抽出する方法です。
厚生労働省が認可している、肝機能障害の治療で医療機関でしか取り扱われていないプラセンタ注射のラエンネックは、分子分画法で抽出されています。
フィルターの精度によって有効成分が影響されてしまうため、高い技術が必要になってきます。

 

このように、いくつかの胎盤からの抽出方法があり、この抽出方法によって品質が良くもなり悪くもなります。

 

最近では、プラセンタを販売しているメーカー独自の製法によって抽出されている商品が増えてきています。

 

プラセンタを選ぶときには、価格だけではなく、品質を左右する抽出方法もしっかりとチェックしてくださいね。

 

そして、プラセンタエキスを抽出したあとには、サプリメントにするためにエキスを粉末化します。

 

この粉末にする製法は、フリーズドライ製法とスプレードライ製法があります。

 

フリーズドライ製法

マイナス30度に凍結したあと減圧したプラセンタエキスを、水分や不純物を取り除いて乾燥させる製法です。

 

加熱をしないので有効成分が壊れにくく、品質もよく栄養素もほとんど残すことができるので栄養価が高いプラセンタ原末ができます。

 

フリーズドライ製法はインスタントコーヒーの製造過程でも利用されていて、常温での長期保存ができます。

 

スプレードライ製法

水分を含んでいるプラセンタエキスに、高温の気体を吹き付けることで乾燥させる製法です。

 

気体の温度が高いので、高温に弱いプラセンタの有効成分は壊れてしまう可能性が高くなります。

 

製造過程で、でん粉(デキストリン)といった希釈剤を使って薄めてしまうため、プラセンタの純度が低下してしまいます。

 

プラセンタの含有量は50%以下でも表示義務がないため、原材料にはプラセンタ粉末と記載されていても、でん粉が混ざっているなどの記載はされません。

 

以上のことから、プラセンタサプリメントの製法はフリーズドライ製法のほうがいいということがわかります。

 

プラセンタサプリに栄養成分がどれだけ入っているのかをチェックするには、栄養成分表示のタンパク質量(アミノ酸)が多ければ純度が高いプラセンタということがわかります。

 

『タンパク質量96%』などの純度が高いものはフリーズドライ製法で、このタンパク質量が少ないものは、スプレードライ製法ででん粉が混ざっているということになります。

 

純度が高く品質のよいプラセンタを選ぶためには、この抽出方法がとても重要なポイントなのです。